ブログ Blog

平成30年度 多職種向け連続研修会

2018/12/06 07:49

こんにちは、みどり訪問クリニックの堀田です。

師走に入り、日が暮れる時間も早くなってきましたね。
さて、先日当法人理事長姜 琪鎬が主催しております名古屋市徳重地区会館4階 体育室にて行われた
「平成30年度 多職種向け連続研修会 多職種で取り組む“口から食べる”ための支援」に参加して参りました。

在宅療養でのQOLにおいて、食の楽しみは非常に重要です。今年度の緑区では「安心して食を 楽しめる!」を目標に、食支援に重点を置いた研修会をおこなっています。
第2弾は、第1弾で学んだ”KTバランスチャート“の理解をさらに深め、より効果的に活用する ための食事介助技術の演習をおこないました。

摂食嚥下障害看護認定看護師の竹市 美加 先生 が講師をされました。

会場も空きがないほどに満員となっておりました。

姜も壇上へ上がり、デモを行いました。その後参加している受講者もそれぞれで実践します。体の状態によって粘度の調整や食べさせ方などが
変化するため難易度は高かったものの、勉強させて頂きました。

参加した方々からも勉強になったとの声が聞こえてきました。
私も是非次回、引き続き参加したいと思いました。

食べられる、ということはとても大切ですね。
それでは!